おすすめフルーツ

フルーツの食べ方

基本的に、朝フルーツに頂くフルーツはそれぞれの好みで好きなものを選んでOKです。
ここでは、朝フルーツ習慣上級者のためにさらなる効果が期待できるフルーツの効率的な組み合わせや美的に特に優れたおすすめのフルーツを紹介します。

 

 

フルーツの組み合わせを紹介するまえに知っておきたいフルーツの種類をまとめました。
フルーツと一概に言ってもその特徴などは様々ですよね。
朝フルーツのデトックス効果を基に考えると、フルーツは4種類に分類されるんです。

 

酸っぱい系

レモン、グレープフルーツ、みかん、オレンジ、ブルーベリー、ラズベリー、パイナップル、すもも、キウイなど

 

やや酸っぱい系

リンゴ、梨、桃、マンゴー、さくらんぼ、アメリカンチェリーなど

 

甘い系

バナナ、ぶどう、柿、イチジク、パパイヤなど

 

ウリ系

スイカ、メロンなど

 

組み合わせ次第で消化の負担になりデトックス効果が薄れる組み合わせや、組み合わせても問題がないものがあります。

 

おすすめしない組み合わせ 酸っぱい系と甘い系

 

つまり、オレンジとバナナといった組み合わせは消化する際に負担となりデトックス効果が薄れてしまうので可能ならば避けたいですね。
でもこれはあくまで朝フルーツを徹底したい上級者向けです。
朝にパンやご飯を食べるよりははるかにデトックス効果が高いのでそんなに神経質にならなくてもいいのではと個人的には思います。
紹介しといてなんですが。

 

どんどん組み合わせて問題ない 酸っぱい系とやや酸っぱい系、甘い系とやや酸っぱい系

 

つまり、みかんとリンゴ、バナナとりんごといった組み合わせはデトックス効果に全く負担をかけないのでどんどん組み合わせましょう!

 

それだけで食べよう!ウリ系

 

他のフルーツと組み合わせずにそれだけで頂きたいのがウリ系のフルーツ、つまりスカイやメロンなどです。
ウリ系のフルーツはフルーツの中でも特に消化が早いと言われていて20程で腸まで到達するんですって。
まさに朝フルーツにはかかせないですね。
でもたくさん食べ過ぎるとお腹がちゃぽんちゃぽんになりそうですね。