フルーツジュースの作り方

朝食にフルーツジュースのすすめ

朝にフルーツを食べて綺麗になる女性が急増中です。
雑誌やブログ、テレビでも多くのモデルさんや女優さんたちが提唱していますよね。
朝フルーツダイエットとして「フルモニ(フルーツ・モーニング)」とも呼ばれているみたいです。
朝食をフルーツにするだけでいいという簡単な美的習慣なので真似しやすいですよね。
朝フルーツ習慣にはデトックス効果や代謝や便通が良くなることからのダイエット効果など言いことばっかりなんです。

 

    

 

そこで、皆さんは「グリーンスムージー」なる言葉を聞いたことはないですか!?
モデルさんや女優さん達がオリジナルのグリーンスムージを紹介したりしていますよね。
グリーンスムージーとは、好きな野菜やフルーツをミキサーにかけて作るオリジナルのスムージーのことなんです。
グリーンなので緑の野菜がブレンドされているのでしょう。
グリーン以外にもブレンドする野菜やフルーツ次第でいろんな色のスムージーやジュースが作れますよね。
そのままでは食べにくい野菜などがスムージーやジュースにすることで簡単に摂れる事が魅力です。
しかもミキサーやジューサーでブレンドした野菜やフルーツには市販のジュースには含まれていない酵素や栄養素がたっぷり入っています。
野菜やフルーツの栄養素をほぼそのままの状態で頂けるということで魅力的ですよね。

 

 

まず、グリーンスムージーをはじめオリジナルジュースを作るためにはミキサーやジューサーが必要です。
オリジナルジュースの大流行もあって最近では多種多様な商品が発売されています。
買うならミキサー!?ジューサー!?
どちらを買えばいいの!?という人のためにミキサーとジューサー特徴と違いをまとめました。

 

ミキサー

ミキサーは食材を粉砕してミックスする道具なので、ブレンドすると野菜やフルーツのカスが一切でずに食材をそのまま頂けるのが特徴です。
食物繊維もそのままブレンドされて出てくるので、ドロッとした状態に仕上がります。
体調が悪いときなどには腸の負担になることもあります。
基本的に食材を細かくするツールなので、水分はほとんどなくそれだけではジュースにはなりません。
従って、ジュースを作る為には、水や豆乳など水分を一緒にブレンドする必要があります。
また、野菜やフルーツが粉砕される際に、栄養素と繊維質が分離されないので栄養素が体に吸収されにくいという点や、粉砕される時に空気に触れるので酵素が壊れてしまうという点にも注意が必要です。

 

ジューサー

その名の通り、ジュースを作る道具です。
野菜やフルーツの水分を搾り出すので、にんじんやほうれん草など水分が少ない食材でもジュースにすることができます。
食材の水分だけなのでサラッとした仕上がりになりそのままジュースとして頂けます。
また、ブレンドされる際に繊維質から栄養素が分離されるので栄養素が体に吸収されやすいという特徴もあります。

 

ジューサーには、高速回転のものと低速回転のものの2種類があります。
その違いは、酵素が壊れるか否かにあります。
高速回転の場合、食材が空気に触れることが多くなるので食材の酵素が壊れやすくなります。
一方の低速回転の場合、じっくりと食材と粉砕することで食材が空気に触れる機会が少なくなり酵素が壊れにくくなります。

 

つまり、

朝フルーツ習慣のフレッシュジュースには、低速回転のジューサーがおすすめです!

 

 

フルーツジュースの作り方記事一覧

モデルさんや女優さんたちが紹介しているレシピなどを参考におすすめのフレッシュジュースのレシピをまとめました。近くのスーパーマーケットなどで購入できる手に入りやすい食材を使ったレシピを中心に集めました。是非、参考にしてみてください!グリーンスムージーまず、グリーンスムージーのレシピを紹介します。あらゆる食材からグリーンスムージを作ることができますし、多くの有名人達がいろいろなオリジナルグリーンスムー...