朝フルーツの基礎

朝フルーツ習慣をはじめよう!

さて、こんなにもたくさん良いことがある朝フルーツ習慣いかがですか!?
魅力的ですよね。
始めたいと思ったら簡単!
朝食をフルーツに置き換えるだけですから。

でもどうせ始めるなら効率的に行いたいですよね。
ここでは、朝フルーツの基礎として気をつけたいことをまとめました。

 

 

フルーツだけを食べる

私はコーヒーが特に好物なので、フルーツと共にコーヒーを一緒に飲みたいところですが、フルーツ以外の物を一緒に摂ってしまうとせっかくのデトックスタイムが台無しになってしまいます。
フルーツならいくつ組み合わせてもいいので、フルーツだけを食べるようにしましょう。
水分はフルーツと水で補給しましょう!

 

お腹が空いてもフルーツで

もし、朝フルーツの朝食を済ませた後でお昼までにお腹が空いてしまった場合は、フルーツで補給しましょう!
胃が大きいなと感じる人や満腹感を得たい人は、バナナがおすすめです!

 

そのまま頂きましょう

朝フルーツの基本は生のフレッシュフルーツです。
ないとは思いますが、加熱したフルーツ(例えば、焼きりんごなど)やドライフルーツではなく、新鮮なフレッシュなままのフルーツを頂きましょう。

 

皮に栄養がいっぱい

フルーツや野菜などは全て皮に近いほど栄養が豊富に含まれています。
だから皮ごと食べれるものはなるべく皮も一緒に食べましょう。
例えば、りんごやぶどう。
みかんであれば白い筋を取らない方が栄養的に優れています。
皮には、生活習慣病に効果的な「ファイトケミカル」という栄養素がたくさん含まれているそうです。

 

なるべく常温

朝フルーツ習慣を継続して行っていれば代謝が良くなり体が冷えていることはないと思いますが、冷たいフルーツは体の冷えを引き起こすかもしれません。
冷たくても常温でもどちらでも気にしない人はなるべく常温のフルーツを頂きましょう。
冷たくないとおいしくなくて好きじゃない人は、長く継続できなければ意味がないのでその辺は自己判断で。

 

市販の100%フルーツジュースではだめ!

自分で新鮮なフルーツをミキサーなどでブレンドしてフレッシュジュースを作るのなら問題ありませんが、
市販のフルーツジュースはいくら100%でも加熱処理がなされていて食物繊維などの栄養素は極端に損なわれているためデトックス効果は望めません。

 

カットしたらすぐに

フルーツはカットした瞬間から酸化が始まるんです。
酸化すると栄養が失われてしまうので、カットしたらすぐに頂きましょう。
そんなに焦る必要はないですが、なるべく食べる寸前にカットしたほうがいいですね。

 

よく噛んで

食事をする時はいつでもそうなのですが、よく噛んで食べることで満腹感が得られて消化がよくなります。
よく噛んで食べることを意識しましょう!